カンタンにカスタムできる!ハーレーのマフラー交換に関するノウハウをご紹介

ハーレーのマフラー交換

アメリカンバイクの醍醐味は走り、スタイル、カスタマイズのように様々な楽しみ方ができる点です。中でもカスタマイズの面白さはピカイチで、日本製、海外製に限らずカスタムパーツが数多く存在します。また、カスタムできる部分もタンク、ハンドル、シートなどバリエーション豊かです。自分好みのバイクに仕上げ、オリジナリティー溢れるバイクにすることでさらに愛着を感じられるようになるでしょう。これはハーレーの場合も同じです。ハーレーにあまり詳しくない方はよく勘違いしがちですが、ハーレーは国産や普通のアメリカンよりも整備が難しく、カスタムも専門知識が必要になると思い込んでいるかもしれません。しかし、基本的なカスタムなら特に大きな違いはありません。

例えば、マフラー交換はとても簡単で、固定されているナットやボルトを外すだけで交換できます。車のようにジャッキアップする必要もありません。必要なのは最低限の工具だけです。マフラーの交換自体は難しくありませんが、マフラーを正しく選ぶのがポイントです。ハーレーのエンジン性能を損なわないマフラー選びは鉄則と言えます。音を優先させたい場合でも、せっかくのハイパワーが弱まってしまうのはオススメできません。また、よくある失敗は音の大きさが大きくなるだけで、音質が悪くなってしまうマフラーです。ハーレーのマフラー音をより魅力的にするために、重低音をキープしながら鼓動感をアップさせましょう。これがマフラー選びのコツです。

排気音

ハーレーのカッコいい乗り方を知る!

カッコいいハーレー

大型バイクが好きな方で、普段からハーレーを愛車としている方もいるのではないでしょうか。バイク界の頂点であるハーレーは見た目もカッコいいことから、乗り方を少し意識するだけで人目によりカッコよく映ります。そこで、ハーレーをカッコよく乗りこなすために、いくつかのポイントを理解しておきましょう。

初めに、目線を意識しながら運転することがポイントです。ハーレーを運転する場合、様々な情報を確認しながら操作する必要があり、その際に特に重要な役目を果たすのが目です。視界からよりたくさんの情報を得るためにも、顎を引いて目線が道路と水平になるようにしましょう。

次に、ハンドルの握り方を意識することも大切です。ハンドルをどう握るかにより、ハーレーをうまく操れるかが決まってきます。バイクを運転する際、ハンドルをつかむように握る方もいるかもしれませんが、それでは操作もしにくくなり見た目も悪くなります。そこで意識するのが、手のひらでハンドルを押すようなイメージで軽く握ることです。さらに、手首の回転も意識しましょう。手首を回す動作を意識すると、肩や肘に力が入りすぎることがなくなるので運転もしやすくなります。

また、ハーレーに乗る際には着座位置にもこだわりましょう。着座位置は、ハーレーをカッコよく乗りこなすために欠かせないことです。最も良いポジションは、ハンドルを掴んだ時に腕がある程度曲がり、道路に対して体が垂直になるところです。 姿勢が悪い状態で運転してしまうと、せっかく車体がカッコよくても魅力が半減してしまいます。そのため、運転の際には特に着座位置に注意し、前のめりになるなど姿勢が悪くならないように気を付けましょう。

ハーレーを乗りこなす

ハーレーパーツを個人輸入するメリットと注意点

パーツ購入

アメリカンバイクの一種であるハーレーは走行性能を体感するだけではなく、パーツを交換して自分だけのカスタマイズを堪能する楽しみ方があります。ハーレーのカスタマイズには専用のパーツが必要ですが、日本の販売店では扱っている所が少なく、希望するパーツも必ず入手出来るとは限りません。そのため、カスタマイズ用のパーツは個人輸入で入手するのが一般的です。

個人輸入は会社や団体による大規模な商取引とは異なり、少数の物品を個人で購入するので希少な物品でも入手しやすい特徴があります。また、利益重視の会社などでは扱う機会が殆ど無い珍しい物品でも、個人輸入であれば購入しやすいのが利点です。そのため、趣味の一環であるハーレーのパーツの購入に適しています。

ハーレーパーツ

その一方で、ハーレーパーツの個人輸入は品物の取り違えや未送付などのトラブルに見舞われる可能性があるので注意が必要です。ハーレーパーツは高額な物が多く、数も少ないことから稀に悪質な業者が詐欺目的で個人輸入の看板を掲げることがあります。愛車のカスタマイズを楽しむために用いるパーツを個人輸入で入手する際には詐欺などのトラブルを防ぐため、信頼・信頼が出来る所から購入することを心がけましょう。特に希少性が高いパーツは未送付や偽物の販売といったトラブルに遭う可能性が高い傾向がありますから、情報を集めた上で慎重に判断することが大切です。極端に安い価格設定や他のサイトの画像を転載している所を避けることで理不尽なトラブルに遭わず、愛車のカスタマイズに取り組むことが可能になります。

Category