初心者にはホーンやエンジンカバー・タンクキャップ交換が最適

カスタムはハーレーの楽しみ方として広く知られています。
日本でも多くのハーレー乗りが愛車のカスタマイズを楽しんでいますが、公道を安全に走行するには安全の確保が最も重要です。

初心者カスタム

カスタム用のパーツは様々な製品が売られているので好みの一品を選ぶことが出来ますが、交換作業はボルトなどの部品をしっかりと締め、走行中の脱落や破損が起きないようにする必要があります。ハーレーのカスタムは初心者には難しい一面がありますが、扱いが簡単なパーツであればその限りではありません。

タンクキャップやホーン、エンジンカバーなどのパーツはシンプルな作りなので付け替えが容易です。取付作業の練習にもなるので、初心者には最適でしょう!

専用の工具が必須ですが、上手に扱うには慣れが必要です。
タンクキャップやホーン、エンジンカバーといった部品の交換作業は工具の使い方を覚えるのに役立つので、愛車を自分の手でカスタマイズしたいと考える人には良い練習になります。

カスタム用のパーツは専門の販売業者で購入することが出来るので、工具の扱いの練習も兼ねた愛車のドレスアップを図ることが可能です。また、カスタム用のパーツは塗装を施すことで個性の演出やサビ防止の効果が得られます。

タンクキャップやホーンはカスタム用のパーツの中でも小型の部類に入るので、塗装の初心者が練習を行うのにもってこいです。
慣れてきたらエンジンカバーのような目立つ所に位置するパーツへの塗装も綺麗に仕上げることが出来るようになります。

Category