アメリカのように自由なカスタマイズが出来るハーレー

自由なカスタマイズが出来る

ハーレー愛好家の中にはアメリカのように自由なカスタマイズを楽しんでいる人も居ます。オリジナリティーをとことん追求して、自分らしさを表現しています。何も手を加えないとシンプルなハーレーですが、様々なカスタマイズをすることで表情や雰囲気もガラリと変わります。
自分色に染めるカスタマイズのやり方は無数にあり、アメリカのバイク乗りのようにどこまでも自由なカスタマイズが出来るのが嬉しいポイントです。

アメリカなどの海外で自由なカスタマイズとして人気があるのが、ハンドル部分に手を加えることです。カスタムパーツの中でも種類が豊富で、簡単に手を加えることが出来るのが人気の理由になります。
アイテム自体も価格が抑えられているものが多く、手軽にカスタマイズ出来るのも良いところです。個性をとことん追求したアメリカのようなカスタマイズをしたければ、オーダーでハンドル部分を作って貰いましょう。色や形をオリジナルのものにすると、グッと自由度もアップします。

ハーレーのイメージを変えられるアイテムとしてアメリカや日本でも人気があるのが、マフラー部分のカスタマイズです。マフラー一つで印象が変わり、多くのバイク乗りがカスタマイズしている部分です。排気音にこだわったり、カラーにこだわったりと色々な楽しみがあるのもマフラー部分ならではの魅力になります。

車検がないアメリカでは、カスタマイズはかなり自由です。カスタマイズのバリエーションも豊富で、カスタマイズのやり方ごとに名前が付けられています。

オールドスクールやロングフォーク、ボバーやクラブスタイル、クラシックやチョロスタイルなど例を挙げたらきりが無いほど種類が豊富なのです。その中でもオールドスクールはアメリカでも定番のカスタマイズスタイルで、古くから人気があるカスタマイズの方法になります。
昔からあるような見た目にあえてすることで、大人の雰囲気やクールさを表現しています。かなり個性的なのが、チョロスタイルです
。メキシコ系アメリカ人のギャングからインスピレーションを受けたカスタム方法で、車体が低くなっているのが特徴です。個性的なカスタマイズをしたいときには、アメリカのスタイルを参考にしてみるのも良いかもしれません。

Category