ハーレー乗りは革以外にデニムのベストも好む

ツーリングに適したハーレー

ハーレー乗りのファッションと言えば革のベストやズボンというイメージがあります。
実際にハーレーの本場であるアメリカでは多くのハーレー乗りが上下を革製で決めているのが普通です。しかしアメリカでは革ばかりではなく、デニムのベストもハーレー乗り必須のファッションアイテムと見なされています。これはハーレーと同様にデニムがアメリカ発祥であることが大きな理由です。

アメリカ人は愛国心が強く、アメリカ発祥の文化や芸術などに強い誇りを抱いています。デニム生地はフランス生まれですが、衣類に転用したのはアメリカが最初です。開拓者の象徴でもあるデニム製の衣類を着こなし、アメリカ生まれのハーレーに跨る姿は現代のカウボーイと言っても過言ではありません。

また、ハーレー乗りが革やデニムを好むのは実利的な理由もあります。革もデニムも生地が固いので摩擦に強く、熱を通しにくいのが特徴です。転倒時の怪我や熱を持ったエンジン部分に誤って触れた際の火傷を防ぐために、ハーレー乗りは革やデニム製の衣類を着用するようになったとされています。
現在では実利的な理由よりもファッションの一環として着用するケースがほとんどで、ハーレー社のオフィシャルグッズをはじめ、様々なメーカーが革やデニム製の衣類を販売しています。自分でデザインから縫製までを行い、他にはない一着を仕上げるハーレー乗りも少なくありません。愛車だけではなく自身のファッションまでカスタムするのがハーレー乗りのこだわりと言えます。

Category